授乳クッションがあれば大丈夫!【便利過ぎて必需品】

授乳のしやすさをサポート

ベビー

選び方のポイント

授乳クッションは赤ちゃんへの授乳をサポートしてくれるクッションのことです。たいていはU字型をしていて、しっかりとした厚みがあります。その上に赤ちゃんを乗せて、お母さんの腕の負担を減らしてくれるグッズです。いわゆる便利グッズに該当するものなので、初産の人はいらないのでは、と思う人もいるかもしれません。ですが授乳クッションはあるとないとではお母さんの負担が大きく異なります。ふつうのまくらやクッションなどで代用することもできなくはないのですが、それだとやはり使いにくいことが多いです。専用の授乳クッションを買うのが基本的にはおすすめといえます。専用の授乳クッションにも様々な種類があります。選ぶときは、洗える素材か、ある程度の厚みと堅さがあるかをチェックしましょう。赤ちゃんはよく吐いたりおしっこなどをもらしたりするものです。汚れてもすぐに洗えるように、カバーが取り外せるものを選びましょう。すぐに乾く素材か、何回も洗っても大丈夫な耐久性があるかもチェックしましょう。ただカバーはつるつるしすぎているよりは多少滑りが悪いものの方が赤ちゃんがずれないのでおすすめです。授乳クッションは太ももの上に置いて使うので、置いたときに赤ちゃんが遠すぎないことが重要となります。厚みが少なかったり、すぐへたってしまいそうな柔らかさだったりすると、結局太ももや腕、背中を酷使することになり楽さを感じられません。できたら店頭で実際に試してみて、使いやすそうと感じるものを選びましょう。

Copyright© 2018 授乳クッションがあれば大丈夫!【便利過ぎて必需品】 All Rights Reserved.