授乳クッションがあれば大丈夫!【便利過ぎて必需品】

あると本当に便利です

手

代用品にはない使い心地

赤ちゃんは自ら食事をすることはできないので、お母さんが授乳させてあげる必要があるのは常識になっています。しかしいつまで授乳させるかについては、様々な意見が取りざたされているのをご存知でしょうか。一例をあげるのならば、6か月までは完全母乳で育てその後離乳食になってからも、2歳児までは母乳を飲ませることを世界保健機構は推奨しています。これは母乳を飲ませることで、赤ちゃんにお母さんの体にある免疫力が移行するためです。生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、お母さんからもらえる免疫力は確かに重要ですが成長すればそれだけ重くなってしまいます。そこで知っていだだきたいのが、授乳クッションという赤ちゃん用の便利グッズの一つです。授乳クッションは雑誌でよく取り上げられているので、既に多くの人がご存知ですが代用品で間に合わすお母さんも多くいます。確かに枕やクッションでも代用は可能ですが、一度使ってしまうとその使い勝手の良さを実感してしまうのが授乳クッションの凄さです。基本的な形は決まっていますが、使われている素材は多種多様なので好みにあわせて購入しましょう。赤ちゃんの皮膚は大人に比べるとデリケートなので、直接触れ合う授乳クッションには天然素材を使ったものを選んであげてください。さらにお腹がいっぱいになると赤ちゃんは、そのまま寝てしまうこともあるので厚みがあるものがよいでしょう。またよだれや大量の汗を流す赤ちゃんが触れることが多い授乳クッションなので、洗濯機で丸洗いできるのが必須です。赤ちゃんの体重が日々増えていくのは嬉しいのですが、それだけ授乳する時には負担もかかります。そんなお母さんの負担を、軽減できるのが授乳クッションの役目です。

Copyright© 2018 授乳クッションがあれば大丈夫!【便利過ぎて必需品】 All Rights Reserved.