授乳クッションがあれば大丈夫!【便利過ぎて必需品】

クッションと選び方

家族

形状による違い

赤ちゃんが生まれると、母親は数時間おきに母乳やミルクを与える必要性が出る。特に、生まれたばかりの赤ちゃんでは昼夜を問わず、母乳などを与えることとなる。母乳やミルクを赤ちゃんに与える際、赤ちゃんを支えた状態であげる必要があるため、身体に負担がかかることもある。これらの負担を軽減するものとしてあるのが、授乳クッションである。授乳クッションは膝の上と赤ちゃんの間に授乳クッションをはさみ、赤ちゃんを支える役割を持つものである。赤ちゃんを授乳クッションに置いた状態で授乳できるため、母親やミルクを与える人の負荷を軽減することができる。特に月齢が少し上がり、赤ちゃんの体重が増えた際などには重さにより、負担が多くかかる傾向がある。これらの際、負担軽減に授乳クッションは役立つものとなっている。授乳クッションでは大きく分けて、形状が棒状のものと三日月状のものがある。三日月状のクッションは赤ちゃんを包み込むような形状となるため、授乳する際の安定感が増す傾向がある。棒状の授乳クッションでは、授乳クッションとしての利用の他、授乳の時期が終わった後には、抱き枕など別の用途でも使用しやすい事が魅力となっている。また、棒状のものでも端と端を繋げることで、三日月状のクッションとすることができ、これらの種類では赤ちゃんを包み込みやすくなり、身体への負担を軽減することが可能になる。その他、特殊な形状のものもあるため、使用感を確かめて購入すると良い。

Copyright© 2018 授乳クッションがあれば大丈夫!【便利過ぎて必需品】 All Rights Reserved.